トップ 弁護士・口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




弁護士・口コミナビ弁護士こぼればなし > 弁護士のバッジについて

弁護士のバッジについて

弁護士のバッジについての画像

弁護士がジャケットの襟などに付けている小さなバッジをテレビなどで見かけたことがあるかもしれません。

あのバッジは弁護士記章と呼ばれ、弁護士が弁護士としての仕事を行う際には必ず着けておくことが義務づけられているものです。

小さな丸い形はひまわりの花をイメージしており、16弁の花びらがあしらわれる形になっています。

ひまわりの中央にちらりと見えるのは天秤です。

ローマ神話に登場する正義の女神ユースティティアの天秤をかたどっているそうです。

ユースティティアとはラテン語で正義を表しており、司法や裁判の公正さの象徴としていろいろな国の裁判所など、法を司る機関の施設にこの女神の象が飾られています。

ユースティティアは目隠しをして、片手に弁護士バッジの中央にもかたどられている天秤を掲げ、もう片方の手には大きな剣を持っています。

天秤は正義と悪とを秤にかけ、剣は力を象徴しており、正しい法の執行においては正義と力が必要であることを表していると言います。

また目隠しは、裁きの際にこの女神が彼女の前に立って裁定を待つ相手を見ることがない、つまり権力や社会的立場、貧富の差などにおいて法の執行が区別されることはなく、法はすべての人に対して等しく適用されるべきものだという、法の下の平等の理念を象徴しています。

この正義の女神は、タロットカードの11番目の大アルカナ、ジャスティスに描かれている女神と同じです。

正義の女神はこのユーティティスと、ギリシャ神話の女神テミスは同一視されることが多いようです。

テミスとはラテン語で「不変なる掟」という意味があります。

さて、弁護士が身につけることを義務づけられている弁護士記章ですが、ベーシックなものは銀の土台に金メッキが施されているもので、表面の金メッキかはがれて土台の銀が見えて、バッジがいぶし銀になったら一人前の弁護士だ、といわれることもある一方、弁護士の好みによっては純金製のものを注文することもできるそうです。


スポンサードリンク

弁護士・口コミナビ/弁護士事務所・法律事務所の評判検索サイトについて

当サイトに掲載されている事務所情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。掲載されている情報が古くなったり間違っている場合もありますので、必ず事務所に確認されるようにして下さい。最新情報はオフィシャルサイトまたは、直接法律事務所にて確認していただければと思います。

当サイトで弁護士・法律事務所をご紹介しておりますが、あくまでも一般の情報に過ぎません。弁護士をお選びになる際には、「弁護士と闘う」のサイトをご参考になることをおすすめ致します。このサイトでは、過去の懲戒処分された弁護士情報も掲載されています。