トップ 弁護士・口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




弁護士・口コミナビ弁護士に相談 > 弁護士に相談する際のポイント

弁護士に相談する際のポイント

弁護士に相談する際のポイントの画像

弁護士に事件について依頼するにあたっては、依頼者側としても気をつけておきたい点はいくつかあります。

弁護士と依頼者の間で信頼関係を確立できるかどうかは、トラブル解決にあたっても大切なポイントですから、弁護士に対しては誠実でなければなりません。

具体的には、弁護士に問題の経緯の説明をするときには、例え自分にとって不利なことや恥ずかしく思うことであっても包みかくすことなく弁護士に伝えておくことが特に重要です。

嘘をついたり、隠したりなどして、裁判や調停で対立している相手からそれを指摘されてしまったらいくら弁護士であってもどうしようもありません。

弁護士には守秘義務がありますから、通常は他人には聞かれたくない事柄でも、安心して明かすことができます。

また特に隠す気がなくても、事件に関係があるかどうかの判断は自分でしないように気をつけたほうがよいでしょう。

自分では対して関係のない事柄だし、わざわざ言う必要もないかな、と思っているような内容でも、法律家の目から見た場合は大切な出来事である可能性もあります。

つぎに、事件と関係のありそうな書類はできるだけたくさん持参するようにしたほうがよいでしょう。

原本があるものはコピーではなく原本を持って行くようにします。

書類以外にも資料となりうるものは弁護士に一通り見てもらうようにします。

また、問題がこじれる前にできるだけ早めに弁護士に依頼する、というのも、トラブルを早く解決するポイントです。

相談事に関してはあまり感情的にならないよう、要点を整理して説明することが重要です。

特に有料法律相談などへ家庭内の問題を相談するときなど、お金を払って単に愚痴を聞いてもらって終わらせてしまうようなことは避けたいところです。

また問題解決にあたって、感情だけで和解はできない、とか、絶対にこうしてもらわなければならない、と、意固地になるのも考えものです。

弁護士は法律的な立場から、実現可能なことと無理なことを指摘してくれるはずですから、依頼者もある程度柔軟にとらえて冷静に解決策を探っていきたいところです。


スポンサードリンク

弁護士・口コミナビ/弁護士事務所・法律事務所の評判検索サイトについて

当サイトに掲載されている事務所情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。掲載されている情報が古くなったり間違っている場合もありますので、必ず事務所に確認されるようにして下さい。最新情報はオフィシャルサイトまたは、直接法律事務所にて確認していただければと思います。

当サイトで弁護士・法律事務所をご紹介しておりますが、あくまでも一般の情報に過ぎません。弁護士をお選びになる際には、「弁護士と闘う」のサイトをご参考になることをおすすめ致します。このサイトでは、過去の懲戒処分された弁護士情報も掲載されています。