トップ 弁護士・口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




弁護士・口コミナビ弁護士の仕事とは > 弁護士と民事裁判

弁護士と民事裁判

弁護士と民事裁判の画像

弁護士の主な仕事である民事裁判において、弁護士はどのような役割を担っているのでしょうか。

民事裁判は裁判ですから、当然、それぞれ異なる主張をするグループが二組いるわけです。

弁護士はそれらのどちらかの代理人としてトラブル解決の糸口を裁判によって見つけようとします。

具体的な業務としては、裁判で争っている問題に関して、依頼人に有利となる証拠や事実を集めて、見落とすことなく裁判所に提出したり、当事者に有利に裁判が運ぶよう、法律構成を考えたりします。

さらに争っている相手の様子、相手が提示している証拠、また裁判官の様子などから裁判の流れの予測を立てると言うことも必要でしょう。

民事裁判は、問題となっている事柄に関して、法律に照らし合わせてどう解釈するか、という点よりも問題の原因となっている事実関係を明確にすることのほうが解決に結びつく場合が多いといわれます。

そのため、弁護士に依頼をしている本人にとって、有利となる事実やそれを裏付けする証拠をはっきりとさせて裁判所に提出しなければなりませんが、法律の専門家ではない当事者には、法に照らした場合、事実関係のうち、何が自分にとって有利で、何が不利なのか判別をつけることができない、という場合が少なくありません。

弁護士が事実を把握して、裁判に役立つ部分をうまく導き出す必要があるのです。

裁判を争っている双方が自らに有利で、かつ相手に不利な事実を提示していくことで審議は進んでいきますが、経験と知識のある弁護士の働きによって、判決を左右するような大切な事実を埋もれさせずに活用できる可能性がうんと高くなるわけです。

また場合によっては事実関係を法的にどう位置づけるか、という問題に発展してゆくこともあるでしょう。

そのような裁判の流れおいても、弁護士は依頼者に有利な解釈を導き出すためのテクニックを持っていますし、裁判がどのような流れになっているのか、自分にとって良い方向になっているのかどうかという、素人にはわかりにくい判断をつけることも裁判での弁護士の大切な役目の一つです。


スポンサードリンク

弁護士・口コミナビ/弁護士事務所・法律事務所の評判検索サイトについて

当サイトに掲載されている事務所情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。掲載されている情報が古くなったり間違っている場合もありますので、必ず事務所に確認されるようにして下さい。最新情報はオフィシャルサイトまたは、直接法律事務所にて確認していただければと思います。

当サイトで弁護士・法律事務所をご紹介しておりますが、あくまでも一般の情報に過ぎません。弁護士をお選びになる際には、「弁護士と闘う」のサイトをご参考になることをおすすめ致します。このサイトでは、過去の懲戒処分された弁護士情報も掲載されています。