トップ 弁護士・口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




弁護士・口コミナビ京都府 > 弁護士法人くすのき

弁護士法人くすのき

弁護士法人くすのき

京都大学法科大学院内1F(京都大学とは別組織です)

2007年10月15日、京都大学吉田キャンパス本部構内に、法科大学院の臨床系教育(リーガル・クリニック、エクスターンシップ)を支援することと、法律事務所として学内、および地域社会に対する法的サービスを充実することを目的に開所いたしました。

弁護士法人くすのき:DATA
所在地〒606-8317
京都府京都市左京区吉田本町
TEL075-761-5707
FAX075-761-5714
URLhttp://kusunoki.lawyers-office.jp/
業務形態弁護士事務所
営業時間など10:00~17:00 休業日 休日:土日祝、年末年始(12月29日~1月3日まで)、6月18日、夏季休業その他(法律相談:午後(予約制))
駐車場
アクセス(その他)
今出川通り百万遍交差点を東へ
 京都大学百万遍門入って左側、総合研究2号館(旧工学部4号館)1階
お役立ち情報

弁護士法人くすのきの地図

京都府京都市左京区吉田本町 (Sorry, this address cannot be resolved.)

弁護士/弁護士法人くすのきの詳しい情報です!

法律相談や事件の受任は、京都弁護士会所属弁護士の
協力を得て、協同してその処理に当ります。

法律相談料(基本) 1時間 8400円(税込)

【京都大学法科大学院からの委託業務】
弁護士法人くすのきでは、京都大学法科大学院からの委託を受け、
リーガル・クリニックの受付などのお手伝いをしています。

◇リーガル・クリニックとは
京都大学法科大学院では、授業の一環として法律相談実務演習
(リーガル・クリニック)を行っています。
平成22年度は、前期・後期の半期ごとに、18回ずつ(年間36回)の
無料法律相談を実施する予定です。

この無料法律相談は、日常生活の中で生じるさまざまな法律問題について、
弁護士の立会いと指導のもと、既に法律知識を習得している法科大学院
3年次の学生が市民の方々からのご相談に乗り、必要な助言を行うものです。
(秘密は厳守いたします。)

弁護士法人くすのき(京都弁護士会所属)

【社員弁護士のプロフィール】
弁護士・京都大学法科大学院教授 中田 昭孝(Akitaka NAKATA)

私は、約38年間、裁判官として裁判所に勤務していましたが、担当事件は
主として民事事件でした。
比較的新しい担当事件としては、堺市で発生したO-157の集団食中毒事件
(貝割れ大根が原因食材であるか否かが主たる争点)であり、これを大阪高等裁判所の
裁判長として審理・判決をしました。
退官後、京都大学大学院法学研究科教授に採用され、民事裁判実務の授業を担当する
とともに、同大学の法科大学院棟に設置された「弁護士法人くすのき」の社員弁護士として
弁護士業務を行っております。
「弁護士法人くすのき」は、学内学外からの法律相談を気軽に受け付け、必要に応じ
訴訟も受任していくということで、皆様のお役に立てればと念願しております。

[略歴]
・昭和42年
 京都大学法学部 卒業
 司法研修所入所(第21期)
・昭和44年~
 和歌山地方裁判所、東京高等・地方・家庭裁判所、水戸地方裁判所下妻支部
・昭和58年
 最高裁判所調査官
・昭和63年~平成16年
 大阪高等裁判所・大阪地方裁判所(各部総括も経験) 奈良地方・家庭裁判所長、京都地方裁判所長
・平成19年
 大阪家庭裁判所長を最後に定年退官

上記情報については、データが古くなっている場合があります。事務所情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。掲載されている情報が古くなったり間違っている場合もありますので、念のため事務所などでお尋ねして確認して頂けますようお願い致します。


スポンサードリンク

 

口コミ情報

   
    

口コミがまだ書かれていません。
ぜひ、口コミを投稿して下さい。

   
  

この弁護士事務所・法律事務所に口コミする







画像の中に見える文字を入力してください。

弁護士・口コミナビ/弁護士事務所・法律事務所の評判検索サイトについて

当サイトに掲載されている事務所情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。掲載されている情報が古くなったり間違っている場合もありますので、必ず事務所に確認されるようにして下さい。最新情報はオフィシャルサイトまたは、直接法律事務所にて確認していただければと思います。

当サイトで弁護士・法律事務所をご紹介しておりますが、あくまでも一般の情報に過ぎません。弁護士をお選びになる際には、「弁護士と闘う」のサイトをご参考になることをおすすめ致します。このサイトでは、過去の懲戒処分された弁護士情報も掲載されています。