トップ 弁護士・口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




弁護士・口コミナビ弁護士の仕事とは > 弁護士の業務 2

弁護士の業務 2

弁護士の業務 2の画像

弁護士の業務について、一般的な依頼者側からどのような相談事が多いのか、その例を挙げてみてみましょう。

まず、遺産や相続についての相談事では、親が亡くなった後、どのように遺産の分配を親族間で行うべきか決めることができない、とか、逆に遺産の相続権があるが、故人に大きな借金があるので放棄したい、というようなものもあります。

親族間での関係がこじれてしまう前に、弁護士に相談して良い解決策を探してみるのは大切なことかも知れません。

またこのような状態を引き起こさないために、まとまった資産のある人であれば特に、弁護士に依頼してきちんとした遺言書を残しておくべきかも知れません。

弁護士が相談を受ける問題の中でも多いものとして婚姻関係にまつわるものがあります。

離婚を考えているのだが相手が応じない、とか、離婚については合意しているが養育費や慰謝料の額が決まらない、といった場合に弁護士を訪ねて解決策を見つけることができるでしょう。

また、離婚に至らなくても、配偶者が浮気をしているようなので、浮気相手に慰謝料の請求をしたい、という場合や、まっとうな理由がないのに夫が生活費を渡してくれない、というような、個々の家庭内の問題に過ぎない、と思われがちなことでも、実は法によってトラブル解消ができる問題も少なくない、ということが最近ではインターネットなどからの情報で広く知られているため、弁護士に相談する人も増えているようです。

また不動産の購入などについても弁護士を頼る必要があるケースもあります。

アパートやマンション、土地などの賃貸契約や不動産の売買を行う際の契約書類の作成を弁護士に依頼したり、また契約に関して何らかの不具合が生じたときには弁護士に相談をすることになるでしょう。

また騙されてうっかり変なものを買ってしまった、というときにも弁護士に相談してみることができます。

よくあるのは、エステティックサロンで大量のチケットを購入させられたが、購入の時の説明と実際のサービス内容が異なる、とか、悪い霊のたたりがあるからこれを買って防ぎなさい、などと非現実的な脅しをかけられて、価値の低い品物を不当に高価な値で買わされてしまった、というような場合です。


スポンサードリンク

弁護士・口コミナビ/弁護士事務所・法律事務所の評判検索サイトについて

当サイトに掲載されている事務所情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。掲載されている情報が古くなったり間違っている場合もありますので、必ず事務所に確認されるようにして下さい。最新情報はオフィシャルサイトまたは、直接法律事務所にて確認していただければと思います。

当サイトで弁護士・法律事務所をご紹介しておりますが、あくまでも一般の情報に過ぎません。弁護士をお選びになる際には、「弁護士と闘う」のサイトをご参考になることをおすすめ致します。このサイトでは、過去の懲戒処分された弁護士情報も掲載されています。